米フェス実行委員会会長の高村秀明さん

高村秀明さん

〜農業を始めたきっかけを教えてください〜

もともと実家が農家で、子どもが保育園になったら帰ってくると言っていました。それまでは測量士として働いていました。現在は、先代から引き継いだ田んぼ、約1町(10,000㎡)を耕しています。

 

〜お米のこだわりを教えてください〜

お米の苗を育てるところから、生育はもちろん、収穫後の脱穀・乾燥までの全工程を自らの手で行うことにより、安定した品質管理のお米を生産しています。素材の味を引き立たせることができる「あきげしき」という品種のお米は、お寿司のシャリに適しており噛みしめるほどに甘みが出てきます。

全工程を地域内で管理することができており、お米には地区カラーの紫色にちなんで「瑠璃米」という愛称をつけて販売しています。

また、今回は米フェス実行委員の会長を務めさせていただいており、約10軒の米農家さんの自慢のお米を食べ比べできますので、多くの方にたくさん食べて楽しんでいって欲しいと思います。