須古真さん

須古真さん

〜農業を始めたきっかけを教えてください〜

農業を始めてから今年で3年目になります。水が綺麗で、自然豊かな表情を見せる阿蘇に惹かれ、この阿蘇で農業がしたいと思って飛び込んできました。それまでは、お家の壁などの内装を仕上げる仕事をしていました。仕事を通して壁に使用する素材に興味を持つようになってから、次第に自然の力で育てる有機農業にも関心を寄せていきました。そんな時、南阿蘇村で自然農法をしている方々と出逢う機会があり、実際に農園を訪れたり、作業を一緒にしたりしていく中で、農業のことを知れば知れるほどどんどん惹かれていきました。

南小国町に来たのは、新規就農の研修先として有機農業をされている梅木さんのもとに来ることがきっかけでした。梅木さんのもとで2年間の有機農業の研修をしていく中で、この土地の人柄に惹かれていき、そのまま南小国町で就農することになりました。

 

〜お米のこだわりを教えてください〜

自然農法のササニシキと有機栽培のあきげしきを作っています。米フェスに出品するお米は、南小国町では珍しいササニシキです。自然農法は、肥料をあげる有機栽培とは違い、全く肥料をあげずにお米本来の生命力で育てます。そうすることで、お米本来の味を味わえるのが特徴です。

味としては、さっぱりとしており素材の味を引き立たせることができるため、料亭などで使われています。昔はコシヒカリとササニシキがお米の両横綱のような存在でしたが、冷害に弱く栽培が難しかったことから、今では全国の作付け面積の0.4%程度と希少なものになりました。ササニシキという名前を知っている人が多いのですが、実際に食べたことがある人は少ないお米だと思います。

今回は自然栽培のササニシキですが、有機栽培も大変魅力的で、土作りもさることながら、肥料を自分で作ることにもやりがいを感じています。今後は、お米を柱に、自分が出来る範囲で精力的に、自然農法や有機農業に取り組んでいきたいと思います。